• クルーズ振興
  • 中部地域港湾BCPポータルサイト
  • 旬な現場
  • みなとオアシス
  • 伊勢湾再生海域検討会
  • 名古屋港浚渫土砂処分場計画

採用情報-港湾空港関係-


ホーム 採用スケジュール
(事務)

採用スケジュール
(技術)
若手職員の
1日

勤務条件
採用実績
事務所情報
(港湾空港部)
お知らせ

採用スケジュール(事務)・(技術)を更新しました。


港湾空港部の役割
日本は、国内で消費するエネルギーや食料の大部分を海外に依存しています。石油、石炭等のエネルギーでは9割以上、食料(カロリーベース)では6割以上を海外からの輸入に頼っています。日本の貿易の99.6%は“みなと”を経由して運ばれています。





中部地域は、自動車、産業機械、航空宇宙等のものづくり産業が集積しており、中部圏(愛知、岐阜、三重、静岡、長野)の製造品出荷額等の全国シェアは、東京圏(埼玉、千葉、東京、神奈川)、大阪圏(大阪、京都、奈良、兵庫、和歌山)を上回り、26.7%です。(H26)

製造品出荷額の割合(三大経済圏の比較)
出典:経済産業省「平成26年工業統計表(産業編)」を元に中部地方整備局作成

みなさんの生活はみなと無しでは成り立たず、みなとは、国民生活や企業活動を支えるための重要なインフラです。中部地方整備局港湾空港関係組織は、みなとの整備を通じて中部地域の発展を支えています。

▷事業概要

▷港湾空港関係事業のインフラストック効果

港湾空港部の主な取り組み

◇みなとの整備

中部地域のものづくり産業を支えるため、また、クルーズ船の受入環境整備を促進するため、みなとの整備を行います。
私たちの目に見えるみなとの施設はごくわずかですが、名古屋城の高さを超える巨大な構造物を海や地中に建造することもあります。
例えば、名古屋港の岸壁は、地震に強く大型船に対応できるよう約60mの杭が施設を支えています。
みなとの整備は、港湾計画の策定から調査設計、工事現場の監督など担当業務は幅広く、みなとの関係者と調整しながら事業を進めています。

▷名古屋港湾空港技術調査事務所の場合

▷名古屋港湾事務所の場合

日本に寄港する最大のコンテナ船

【名古屋港の岸壁(イメージ)】

 

【名古屋港 コンテナターミナル】【名古屋港 クルーズ船寄港】


【四日市港 臨港道路の整備】【三河港 岸壁の改良工事】




    【防波堤の設計で活用する水理模型実験】


◇海岸の整備

老朽化が進行する海岸堤防の改良を行い、津波や台風による高波・高潮から地域の生活を守ります。
海岸整備の調査設計、工事現場の監督などと併せて、地元関係者と協力して松林を再生する取組も進めています。

▷松林の育成

  
【津松阪港海岸(整備前)】【津松阪港海岸(整備後)】


◇海域環境の保全

伊勢湾の海域環境を保全・再生するため、海洋環境整備船”白龍”が水質調査や流木回収等を行います。
効率的かつ効果的に流木回収等を行うため、流木等の漂流位置を予測するシステムを開発しています。

▷白龍

 

      【白龍による流木回収】            【システムで用いるデータ】
                                        (「海洋短波レーダー」による表層流観測結果)


◇災害時の対応

船舶事故等による油流出事故が起きた時には、浚渫兼油回収船“清龍丸”が油回収を行います。熊本地震後は、緊急支援物資の運搬や給水・入浴支援等を被災地で行いました。
日頃より災害時の対応を想定し、関係機関と連携した防災訓練や検討調整を進めています。

▷名古屋港湾事務所の場合

▷清龍丸

 

清龍丸による緊急支援物資の運搬(荷下ろし状況)】           【防災訓練】


◇みなとのにぎわい

みなと周辺地域の発展やにぎわいづくりのため、地域のイベント等に出展したり、クルーズ船のお出迎え・お見送りイベントを地域の方々と協力して行っています。
多くの方にみなとに親しみをもってもらい、みなとの役割を理解してもらうため、現場見学会を開催しています。

▷クルーズ振興

▷名古屋港湾事務所の現場見学会

 

【クルーズ船寄港でにぎわう清水港】          【清水港 みなと見学会】

平成28年3月30日「明日の日本を支える観光ビジョン構想会議(議長:内閣総理大臣)」において、クルーズに関する新たな目標(訪日クルーズ旅客数を2020年に500万人)が設定されました。その実現に向けた施策の一つである「官民連携による国際クルーズ拠点を形成する港湾」に清水港が選定されました。


その他の採用情報

  



(港湾空港関係のお問い合わせ先)
 中部地方整備局(丸の内庁舎)
  (行政) 総務部 人事課 日原(ひはら)
      TEL :052-209-6314
  (技術) 港湾空港部 港湾事業企画課 鷲見(すみ)
      TEL :052-209-6324
 〒460-8517 名古屋市中区丸の内二丁目1番36号
 (NUP・フジサワ丸の内ビル)