伊勢湾再生海域検討会  中部地方整備局
ホーム伊勢湾の特徴検討会の目的・進め方検討会の報告お知らせ三河湾部会

検討会の目的・進め方

【検討会の目的】
 伊勢湾再生海域検討会は“伊勢湾再生推進会議”において採択された基本方針を受け、海域の観点から行動計画に反映させるべき目標や施策などを具体的に検討していくために設置された組織です。
検討会は、学識経験者、専門家、市民・NPOなどにより構成されています。
 [海域検討会の主な検討項目]
  • 伊勢湾の海域での環境改善の目標設定
  • 評価方法の考え方(アピールポイント)について提案
  • 行政・住民・NPO・学識者等との連携手法

“伊勢湾再生推進会議”とは、
 閉鎖性水域である伊勢湾(三河湾含む)の再生のため、伊勢湾とその流域における森、川、海、都市それぞれの取り組みにより、健全な水・物質循環を取り戻し、水質及び生態系の改善・回復を図るとともに、水辺、海辺における人と水とのふれあいの機会を促進することが大切です。そのために、総合的な伊勢湾再生への取り組みと地域活性化の醸成を重点に置いた総合的な「伊勢湾とその流域の環境改善」のための行動計画を策定しました。伊勢湾再生推進会議では、この行動計画の推進を図るとともに、定期的なフォローアップを行っています。会議では、以下に示すような事項について、関係機関で協議しています。
  • 汚濁負荷削減対策等に関すること。
  • 水質浄化対策等に関すること。
  • 残された自然環境の保全に関すること。
  • 喪失された干潟・藻場等の回復又は創造に関すること。
  • 親水性の確保に関すること。
  • 環境モニタリングに関すること。
  • 環境保全にかかる技術開発に関すること。
  • 環境保全にかかる、環境教育活動、清掃美化活動などの普及、啓発に関すること。
  • 行動計画の実施に伴うフォローアップ及びその評価に関する事。
  • 行動計画の見直しに関する事。
  • その他、この会議の目的遂行のために必要な事項。

 伊勢湾再生推進会議(中部地方整備局ホームページ)
伊勢湾再生推進会議
http://www.cbr.mlit.go.jp/kikaku/sai_ise/index.html



【検討会の進め方】
 検討スタイルについて・・・
 行政関係者と学識者、研究機関、地域住民、NPOが連携を図り、また専門家等による意見をとりいれることのできる体制により検討を進めます。


  • 平成19年3月に、「人と森・川・海の連携により健全で活力ある伊勢湾を再生し、次世代に継承する」ことをスローガンとした“伊勢湾再生行動計画”が策定されました。
  • “伊勢湾再生行動計画”の「行動計画のフォローアップ」に示されている伊勢湾再生を推進するための海域での取り組みを具体化した『伊勢湾再生海域推進プログラム〜豊饒な宝の海を取り戻すために〜』を、平成20年3月に策定しました。
  • “伊勢湾再生行動計画”策定後は、当面10年間を目安に毎年検討会を開催しフォローアップを実施しています。(平成29年度に最終報告の予定)
  • “伊勢湾再生行動計画”の見直し(中間評価)を平成22、25年度に行います。
  • 平成21年7月に、伊勢湾再生海域検討会の専門部会として、三河湾の環境改善対策の検討を目的とした「伊勢湾再生海域検討会三河湾部会」を設立しました。

  • ※伊勢湾再生海域検討会の検討内容については、「検討会の報告」に掲載しています。
    ※伊勢湾再生海域検討会三河湾部会の検討内容については、「三河湾部会」に掲載しています。


伊勢湾再生海域推進プログラム
〜豊饒(ほうじょう)な宝の海を取り戻すために〜


ページの先頭へ戻る



伊勢湾再生海域検討会