伊勢湾再生海域検討会  中部地方整備局
ホーム伊勢湾の特徴検討会の目的・進め方検討会の報告お知らせ三河湾部会

検討会の報告

議事次第議事内容

第9回 議事概要

 当日は、有識者の方々から活発なご意見を頂きましたので、その議事の一部を掲載致します。

    「伊勢湾再生海域検討会三河湾部会の概要」について
  • 漁業者として地先の漁場の確保が問題ではなく、伊勢湾全体の貧酸素環境の改善していくべきとのニーズが非常に強く、干潟・浅場を維持するために、漁業者や市民・NPOが関与していくことに大きな意味がある。
  • 市民による海に関する様々な活動が、伊勢湾の浄化に繋がることがわかるような制度を導入し、共通の意識を持つことが重要である。

  • 「今後の取り組み」について
  • 干潟・浅場の造成が喫緊の課題であり、各種団体と関係機関との連携として既に取り組んでいる自治体へバックアップを急ぐべきでは。
  • 伊勢湾再生の取り組みにおいて、活動ワーキングの位置付けを明確にし、取り組みの方向性を明確に示すべき。
  • 各関係者の知恵を出し合い、それぞれの関係団体が伊勢湾再生の取り組みとして行っていることを支援できれば良い。また、省庁横断的に活動していくことで画期的な事例としては。そのためには連携を行うための潤滑剤としての役割や主体的にも引っ張っていく役割を担うべき。






ページの先頭へ戻る




伊勢湾再生海域検討会