• 中部におけるフェリー・RORO船を活用した物流効率化推進協議会
  • クルーズ振興
  • 中部地域港湾BCPポータルサイト
  • 旬な現場
  • みなとオアシス
  • 伊勢湾再生海域検討会
  • 名古屋港浚渫土砂処分場計画

名古屋港湾事務所 企画調整課  平成24年度入省 行政


現在の仕事内容について

みなとをより使いやすいものにするために、みなとの問題点を見つけ、みなと整備の長期計画を立て、事業の実施に必要な予算を要求する業務に携わっています。
また、みなと整備について国民に幅広く理解いただくための広報活動なども行っています。


1日の流れ


9:00(?) 出勤


始業15分前出勤・・・を目指しています。





10:00  仕事(午前)


今日は午後からみなと視察が予定されています。
視察行程と説明内容を確認し、船の入港情報
を集めています。



12:15  昼食


テレビを囲みながら同僚と仕出し弁当
を食べています。




14:00  仕事(午後)


視察対応中。みなとの利用状況のほか、
みなと整備の必要性、整備効果などを
船の中から説明します。



19:00  退庁


視察対応以外にも今日中にやらなければ
ならない業務があったので、今日は少し残業
しました。
お疲れ様でした!


■プライベートの1コマ…

休日の過ごし方


同期・先輩・後輩を訪ねて旅行する
こともあります。
これは岡山県宇野港に行った時の一枚。



入省後の感想 採用希望者への一言

多様な業務に少ない人数で対応している状況で、採用直後から即戦力として活躍されることが期待されます。
業務に関する知識・技能は実践の中で身につけることがほとんどで 、失敗も何度も経験します。ですが、そこから得られる刺激・学びは多く、経験を重ねていくうちに、だんだん仕事が面白く感じられるようになります。
みなとに馴染みがないとなかなか実感がわかないかもしれませんが、みなとは物流・生産・防災など地域の暮らし・経済を支えるとても重要な役割を担っています。
みなと整備を通じて、活気があり安心できる地域づくりを目指しませんか。